棋譜


第19回横須賀囲碁スキ市民の集い----2005年2月27日(日)

◆棋譜

 
岡本芳之(本会六段 白) 対 梶原俊男(本会六段 黒)----白中押し勝ち

a a ◆佐々木 慶さんの講評から抜粋
・白18は左辺黒7から上に1間トビD11が常識
・従って、黒19では黒7の一間上D11
・黒21は変調で左上隅を打ち進めるべき
・黒27まで、黒1本とられている
・黒29は緩みすぎで、R16とコスミツケ後、白Q15,黒O17、白R11、黒R09、白P11、黒K17の打ち込みと攻めるのがよい
・白38からは打ち過ぎで打つなら白26からの大ケイマK03、この碁では下辺K16で十分
・黒43ではK17に打ち込んで反発すべき。黒49は小さい
・黒57はK04と白の欠陥をつくべき
・黒61〜63まではまではノンビリし過ぎ
・白66は稼ぎ過ぎでK16と補強すべき
・黒67はこの一手
・黒75は先にM18とハネてから。白さらにN18二段バネは黒N17に切って攻め合いは黒勝ち。黒79が敗着
・黒103はH12のケイマがよい
・黒111はB05と打って先手を取りたい
・白154は打ち過ぎ、黒159はB11、白B12、黒A11、C12、黒D12と打てば攻め合いは黒勝ちで大逆転でした








----