横須賀囲碁連盟役員一覧

メッセ|ジ

会長
     <横須賀囲碁連盟会長就任にあたって>(平成17年11月)

横須賀市の囲碁愛好家の皆様、日頃、横須賀囲碁連盟活動へのご協力に感謝いたします。本年より会長の大役を仰せつかりました山口です。会長就任にあたり、私の考えの一端をご披露し、皆様方の一層のご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
囲碁は、古来、日本で育った最高の知的ゲームとして庶民の中にその地位を確立しております。碁を打つ楽しさ、充実感は、数ある遊戯の中においても最大のものではないかと考えられます。当連盟は、囲碁の持つこの特色をより広く世の方々に知って頂くための晋及を最重要課題と考え、以下の活動を行っております。
1)会員一同の交流、親睦に寄与すること
2)個人の生涯学習としての取り組みに寄与すること
具体的には
1)市民レベルの囲碁大会の開催
2)地域囲碁教室への支援
3)児童学生囲碁教室、婦人囲碁教室等関連団体への支援
があります。
一方、いわゆる団塊の世代の大量退職が間近に迫っている現在、巷間においてはこの世代の引退後の活動が今後の社会の活性化に重要な鍵を握っていると取り沙汰されています。この意味においてこの世代の方々に生涯学習に連なる生きがいと目標を提供、準備することが急務であると考えられます。当連盟の活動は、まさしくこの生涯学習に連なる知的思考の推進と囲碁愛好家の輪を育てることによって個々の方々を孤立から共同へと人間の輪の形成をも目標としておりますことから、前記のような社会的問題の解決にも大いに寄与していると考えております。当連盟の活動への皆様方の一層のご支援、ご協カをお願いして新任のご挨拶に代えさせて頂きます。

2011年度役員名簿