掲示板

第13回新春囲碁大会

What'snew

位置づけ
 賛助会員の皆様の日頃の市民囲碁大会へのご協力に感謝して、従来、新年最初の大会は賛助会員大会として開催されてきましたが賛助会員でなくても参加できるようにしてほしいとの要望が多くなり、誰でも参加できる新春大会として開催されています。
 会計年度が年会計となり、新春を迎えるとともに賛助会員の新規募集を始め、賛助会員の期間は1月スタート、12月までなっています。賛助会費は従来通り、1口1,000円をいただいています。賛助会費は子供囲碁教室、女性囲碁教室、シニア囲碁教室などの各種教室の支援、対外囲碁大会への参加、囲碁セット・手合時計の購入などに利用させていただいています。今後とも、よろしくご支援のほどお願い申し上げます。

日時
2011年1月10日(月) 9:50〜17:00

 大会概要
(1)参加者
 162名の応募があり141名の参加がありました。

(2)結果
入賞された方、おめでとうございました。惜しくも、入賞を逃された方、次回、頑張りましょう!

Aクラス(五段〜七段)
 優勝: 八木 清暉(六段) 
 4 勝: 大森 広文(七段)
       浪江 峻史(六段)
      佐藤 文孝(六段)
Bクラス(三段、四段)
 優勝: 小田 勝(四段)----五段へ
 4 勝: 蛭田 正敏(三段)----四段へ
      朴 智生(三段)----四段へ
Cクラス(初段、二段)
 優勝: 近藤 由香里(二段)----三段へ
 4 勝: 小川 政吉(二段)----三段へ      
Dクラス(1級〜7級)
 優勝: 織田 彊(3級)----2級へ
 4 勝: なし

 写真集
(1)大会の様子
 小さなインデックス写真についてはクリックすると拡大写真が現れます。
@役員からのご挨拶
新年にあたって、山口会長から、「多くの方の大会参加、また賛助会員登録への感謝します。今年は、さらに子ども囲碁、女性囲碁教室、初心者教室など充実すると共に、囲碁普及活動の後継者を育成し、囲碁文化を継承して行きたいので、賛助会員への登録をお願いしたい。」との挨拶がありました。
浜津審判長から、新年度の最初の大会にあたって、時計の時間切れ、夢中に打っているときの石のズレなどからトラブルになることもあるのでマナーを守って楽しく対局してくださいとのお願いがありました。
A熱戦の様子
熱気あふれる対局の様子です。

(2)表彰
Aクラス優勝の
八木さん。
Bクラス優勝の
織田さん。
Cクラス優勝の
近藤さん。
Dクラス優勝の
織田さん。

 大会後記
 いつものように、新春囲碁大会ならではの新年の挨拶があちこちで聞こえていました。やはり、お正月の雰囲気はいいですね。

 日本の政治・経済の閉塞感が越年し、年末年始のTV討論番組でも内向き議論がなされていましたが、囲碁に関しては、昨年のアジア競技大会で日本は男子が団体3位をやっと確保したような結果でしたが、井山名人、張棋聖、山下本因坊らの日本碁籍の棋士が中国、韓国のNo1棋士を破ったことは救いでしたし、今後への曙光が見られたのであれば是非そうあってほしいです。

 横須賀での新春囲碁大会は、若い人たち、ミドルの参加が若干増えつつあるようにも見えますが、そうなら是非、続いてほしいです。Cクラスで、女性の加藤さんが優勝されたことは特筆すべきことでした。

 会長挨拶にもありましたように、横須賀の囲碁後継者育成・囲碁文化継承向けて、皆様の応援を得て横須賀囲碁を盛り上げて行きたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

Top